わたしは生きたい!

分け入っても分け入っても地雷原

【名品ハンター】HARDENCO 18oz water proof canvas jacket【USA製】

それは 服と言うには あまりにも硬すぎた

f:id:supercar0102:20201108123451j:image

 

ここ最近、メルカリにハマった。

勢いで買って、結局あんまり着てない服をガンガン放流している。

そのおかげで、クローゼットに少し余裕ができた。ものすごい量の服を持っているわけではなく、家が狭くて服をたくさん収納できないから、服の取捨選択を迫られるという話。

そして、空いたスペースを埋めるように新しい服を買っている。3着売って1着買うくらいペースなので、結果的に減っているから大丈夫だろ。

メルカリで得た金をメルカリで使う無限地獄。「HARDENCO」(ハーデンコー)というアメリカのブランドのワークジャケット。

日本では、大阪のセレクトショップでしか取り扱っていないみたいで、かなりマイナーな代物だと思う。

ハートフォード・デニム・カンパニーの頭文字を取って「HARDENCO」というブランド名だそう。最初見た時「破天荒」を文字った日本のブランドなのかなと思ったけど全然違った。

アメリカのハードなウェアって感じで、どの服もゴリゴリに男臭い雰囲気。

小規模なワークショップで全品ハンドメイドで製作しているらしい。YouTubeにブランドのチャンネルがあったけど登録者が30人くらいしかいなかった。動画より服を作るのが本業だと言わんばかりの。でも動画も職人の仕事場って感じで面白かった。

デニムカンパニーなのでジーンズが本命商品だが、レングス37インチとかなので圧倒的に脚の長さが足りなくて断念。(ブランドは裾上げしないで穿くことを推奨してる)

防水のキャンバス生地で、雨用のジャケットとのことだが、この生地が恐ろしいくらい硬い。

llbeanのビーントートを服にしたみたいな着心地を想像して欲しい。ビーントートの生地が24ozだから、18ozのこのジャケットは4分の3ビーントートの重さ。そりゃバキバキですよ。

本当にガチなワークウェアが好きな人が作ったんだなあとしみじみ思った。この生地あったら普通服にしないでリュックとかカバンに使うわ。

そもそもレインジャケットにキャンバス生地を使うのが破天荒すぎる。今ゴアテックスとかあるのに?

ビーントートも氷を運ぶために使ってたらしいし、キャンバス生地は昔ながらのタフな防水素材なのかもしれない。

何年着れば馴染むのだろうか。俺が生きているうちに柔らかくなる気がしない。

一生モノとか言われる服に弱いのが男の子なのだ。

 

f:id:supercar0102:20201108122946j:image

製作した年月がスタンプされているタグ。2017年の1月。「unlimited repair(無期限修理)」を謳っている。壊れたらいつでも無料で直してくれるらしい。多分一生お世話になる機会ないと思うけど、こうやって保証されると頼もしい。

 

f:id:supercar0102:20201108123147j:image

内側の胸ポケットにサイズがステンシルされてる。40はLサイズ相当。やや大きめだけど、レインジャケットだし中に着る余裕あったほうがいい。

 

 

デニム日記/agnès b. HOMME JEANS MADE IN JAPAN ジーンズ スリム

アニべーと岡山デニムのマリアージュ

f:id:supercar0102:20200913102001j:image
f:id:supercar0102:20200913101951j:image

前々から欲しいって思っていたけど本当に買ってしまった。

牧田耕平が監修したagnès b. JEANSのすべて。 | feature | HOUYHNHNM(フイナム)

小谷実由とアニエスベー青山店へ。一生付き合える本物の美脚デニムとは? | Numero TOKYO

ネットのプロモーション記事を毎日眺めていたら、だんだんと気持ちが盛り上がってきたこともあって、銀座のアニエス・ベーの路面店行った時に試着した時に、もう買うしかないなという気持ちになった。

型はストレートタイプとスリムフィットの二種類があるがストレートの方より細身のがアニエス・ベーっぽいと思ったので細い方にした。カラーは黒もあったが迷うことなくインディゴ。

チェーンステッチで裾上げしたら1500円もかかった。受け取りにいく東京までの交通費も倍。ジーンズもう買うのやめようと決意した矢先に大きな買い物となってしまった。

それで、ようやくやっと手元にやってきた。

ジーンズの名産地である岡山で作られたセルビッジデニム。店員さんもここを強調してセールストークをしていた。しかもリジッドなので、ガッチガチの段ボールのような生地。最高かよ。スリムなシルエットなので馴染むまで動きにくいと思う。

古着ばっかり買っていて新品のジーンズを買う経験がないので、店で買った時はものすごく緊張したが、購入したものを自分の部屋で触ったり眺めているだけで幸せになれる。

アニエス・ベーと言えば渋谷系

渋谷に縁もゆかりもない生活だが、ジーンズとなれば話は別だ。岡山産のアニエス・ベーのジーンズ。「グラップラー刃牙」で喩えるなら花山薫VS愚地克己並みにテンションが上がった。

アニエスベージーンズが大好きです。
長い年月穿き続けられ、世代を超えて穿き継がれて行くからです。
流行に左右されず決してなくなることのない、ユニークで着心地もよい、スタイリングにはとても重要なアイテムです。

アニエスベーは60年代に、彼女の子供たちと一緒によくジーンズを穿いていました。
リーバイス501が登場したとき、すぐにパリのアニエスベー1号店Rue du Jourで取扱いをはじめたのも彼女です。

アニエスベー公式通販サイト|agnès b. Shopping Online

公式サイトからの言葉。なんとなくカーディガンとボーダーシャツのイメージが強いけど、ジーンズとも関わりが深いブランドらしい。

 

f:id:supercar0102:20200913101955j:image

紙のフラッシャーには「海を見ている少女」が描かれている。こういうセンスがフランスっぽいね。ポケット裏のスレーキにも同じ絵が描かれている。アメリカの1号店がオープンした時にタグとして使われていたドローイング。ジーンズの国アメリカにリスペクトを持っているのが伝わってきた。

f:id:supercar0102:20200913102411j:image

バックポケットにレザータグが縫いつけられている。黒で目立たないようになっているところが渋い。


f:id:supercar0102:20200913102435j:image

ブランド名のピスネームは前ポケットのところに。後ろじゃなくて前なのはリーバイスの真似にならないようにという配慮だろうか。


f:id:supercar0102:20200913101947j:image

最初の方はインディゴの色が移るので白い服やスニーカーを身につけないように、と店員さんに言われた。


f:id:supercar0102:20200913101944j:image

赤耳がかっこいい。それと1500円かかったチェーンステッチ。ロールアップして見せてくしかない。

 

欲しくなったから急いで買ったけど、特に売れているわけでもないと思う。地元に近い方の店にも普通に置いてあったし。

でも、買いたくなった時が買い時だからジーンズは。これから秋冬にかけてガンガン穿いていくぜ。

 

アニエスベー メンズ Tシャツ 半袖 カットソー ロゴTシャツ HOMME コットン100% agnes b. 黒 白 ショップバッグ付き (S, 黒)

 

【名品ハンター】BEAMS Calfornia イージーショートパンツ【USA製】

主にBEAMS なぜならセンスが良いから

f:id:supercar0102:20200905121215j:image

f:id:supercar0102:20200905121237j:image

そろそろ季節的に穿けなくなるので手持ちの短パンを紹介していく。

大学生の時にBEAMSで買ったショーツパンツ。

体操着のズボンみたいにウエストにゴムが入ってるのだが、これがすこぶる楽チンな着心地で良い。

伸びるスウェットのような軽い生地で、これだけゆるっとした着心地だとリラックス感ありすぎて家着っぽいなと思ってしまう。

だが、この快適さは何物にも替え難い。

なんでこの色にしたのかは覚えていないが、パーティー野郎が穿いてそうなファンキーな色合いで自分のキャラに合っていないと思う。近所では着ないけど、海に行く時とか、泊まりで遊びに行った時に室内着として着たりすることが多い。

ずいぶん前に買って全然タグとか見ないで穿いてたけど、意外にUSA製だった。無意識に海外製を求めていたのかもしれない。

BEAMS  California」というライン。検索してもほとんど出てこないので、今はもう展開していないのだろう。

わざわざアメリカで作ってたのに残念。BEAMSはこういうアメリカンなラインをきちんとUSA製で出すから、真っ先に商品の製造国タグ見るようなめんどくさい消費者のことよく分かっている。

セレクトショップのオリジナル商品はあんまり買わないけど、アメリカとかヨーロッパで作ってるようなのは気合いが入っていて良いと思う。

カリフォルニアというだけあって西海岸のカラッとした雰囲気を感じさせてくれるショーツでお気に入り。

変なTシャツよりこういうとこで頑張ってくれBEAMSは。

 

f:id:supercar0102:20200905122540j:image

サイズは3。Lサイズ相当らしいけど、ちょうど良い。前はもっと余裕あったような気もする。人間は日々成長しているのでしょうがない。

 

f:id:supercar0102:20200905122546j:image

MADE IN  USA。製品後に染めと洗いがかかってるのでタグまでピンク色に染まっている。生地は95%コットンと5%スパンデックス。似たような着心地のイージーパンツを探せるように覚えておきたい。

 

f:id:supercar0102:20200905122600j:image

イカーパンツ風の上から布を足したポケット。こういうウエストがゴムのイージーショーツてポッケに物を入れすぎるとずり下がってくるから危ない。

 

[ビームス] GRAMICCI × BEAMS 別注 ショートパンツ オールコンディション ショーツ 20SS メンズ バーガンディー S

 

【名品ハンター】POLO RALPH LAUREN マドラスパッチワークショーツ【古着】

作るのが大変そうなやつ

f:id:supercar0102:20200902205420j:image
f:id:supercar0102:20200902205416j:image

「anoluck」というオンライン古着屋で買ったラルフローレンのパッチワークショーツ

数種類のチェック生地がゴチャゴチャと組み合わさって出来ている。こういうパッチワークはラルフローレンの古着でよく見かける。ラルフローレンの定番の手法で、シャツやジャケットなどにも用いられることが多い。

作るのが大変そう。

服を作る手間を、ミシンにかけた箇所の数として考えると、これほど手間がかかる服もあるまい。どうやって作ってるんだろう。最初に大きなパッチワークの一枚布を作ってそれから作ってるんだろうか。

パッチワークされた不規則なチェック柄はなかなか派手で、ずっと見ていると目が疲れる。それでもショーツだと、シャツやジャケットよりは面積が小さいので、ぎりぎり許せるレベル。

古着で安かったので攻める気持ちで買った。

 

マドラスは、1950年代のアイビースタイルに欠かせない要素となりました。淘汰されたはずの生地がファッションの流行となり、ネクタイからズボン、シャツ、スポーツコート、ボクサーブリーフ、帽子のリボン、腕時計バンド、ベルト、ウォークショーツディナージャケットやスポーツ用サポーターまで、ありとあらゆる夏のアイテムに使われていたのです。こうして大量に生み出されたスタイルは、後に少し大げさなものとして見なされ、1960年代から70年代にかけて起きたデニムブームが、長期にわたってマドラスの勢いを抑える形となりました。しかし、クラシックスタイルを好む人々はマドラスを胸に刻んでいたのです。

https://www.british-made.jp/stories/fashion/201804180022805

 

インディアマドラスが夏に歓迎されたのは、単糸で粗く織り上げた生地であるために通気性に優れていたからである。
 また大胆なチェック柄は、1950年代後半から60年代前半のアイビーリーガーの遊び心を刺激した。彼らはマドラスチェックボタンダウンシャツだけでなく、この生地をショーツやジャケットへ転用したモノにも飛びつき愛用した。さらにパッチワークのマドラスチェックは、クレイジーマドラスと呼ばれ、マニアにウケたのである。

https://www.google.co.jp/amp/www.newyorker.co.jp/magazine/know/iconoftrad/9377/%3famp=1

 

アメリカのアイビーファッションでなぜインドのマドラスチェックが流行ったのか調べてみたら面白い記事がたくさんあった。

やっぱ夏はこういう柄物着たいね。

 

f:id:supercar0102:20200830122654j:image

2016年以降のタグ。裏地のブルーが上品で良い。

 

f:id:supercar0102:20200830122706j:image

32インチ。自分がいつも穿いているのは30インチなのでひとまわり大きい。スリランカ製。「マドラス」チェックというだけあってインドの近くで作られている。


f:id:supercar0102:20200830122738j:image

前にボタン付きの小さなポケットがある。小銭とかを入れるためか。セレブがリゾート地を手ぶらで歩き回るのに活躍するのだ。

 

 

ポロ ラルフローレン Polo Ralph Lauren パッチワーク ショーツ W30 チェック ショートパンツ マドラスチェック パンツ ハーフパンツ [並行輸入品]

 

【名品ハンター】Sears Sportswear Perma-Prest Jacket 【1970年代】

US古着の隠れた大御所

f:id:supercar0102:20200823134836j:image
f:id:supercar0102:20200823134839j:image

「sears(シアーズ)」というアメリカの百貨店のプライベートブランド

Wikipediaには「営業形態としてはイオンやイトーヨーカドーなど、日本でいう大手スーパーのそれに近い。」と書いてある。

つまりイオンにおけるトップバリュー的な自社生産の服。そう言われるとなんかものすごく安っぽく思えませんか。

昔のシアーズは「HERCULES」というラインで主にデニムとか革ジャンとかワーク系の服を手掛けていてそれが古着的には価値が高い。ネットで調べてみたら1940年代のデニムカバーオールが7万円近くで取引されていた。

日本では古着好きな人にしか知られてないと思う。

今日紹介するのは、ハリントンジャケットとかスイングトップなどと呼ばれるようなショート丈のブルゾン。土っぽい色合いが気に入ったので古着屋で購入した。

1970年代のタグが付いているのでだいたい50年前くらいの服だが、あまり着古された感じはしないが、タグが擦り切れて網戸みたいな状態になってて文字が読めなくなってる。だから製造国が分からないけど、USA製であることを願う。

「Sears Sportwear」というライン。シアーズ内のラインて色んな名前がついていてよく分からない。1970年代はヴィンテージ古着の中では新卒くらいの位置づけなのでそこまでレアではないと思う。

『PERMA-PREST』はコットンツイル生地で作られた服のシリーズらしい。ポリ混だから古いのにこんなパリッとしてるのかな。裏地は年代相当の古さが出てるけど表は本当に状態が良い。

古い服着てると、意味もなくテンションが上がる。これが作られた1970年代の空気を身にまとっている気持ちになる。かっこいいとかダサいとかじゃなくて「1970年代の服」っていうジャンル。もし1970年代を舞台にした映画に出ることになったらこれを着て参加出来るし。

 

f:id:supercar0102:20200823134842j:image

サイズは「42」でL相当。ショートブルゾンはジャストすぎるよりちょっと大きめくらいがちょうどいいと思う。


f:id:supercar0102:20200823134832j:image

ボタン付きのスタンドカラー。チェックの裏地、ラグランスリーブといい「ザ・スイングトップ」て感じのデザイン。袖がリブにじゃないところと、ポケットがボタン付きじゃないところはディティールが省略されてるのだろうけど、個人的にはこっちの方が好き。リブは絞ってるところから破けたりするしポケットにボタン付いてるとめんどくさいので。


f:id:supercar0102:20200823134827j:image

生地の説明。読まずに普通に洗濯機で洗ってる。

 

アメリカのストアブランドのヴィンテージは、古着の中でもディープな階層だと思うので、気に入ったのがあればたまに買うくらいでいい。

とにかく古いのが好きな人とかはこういう老舗のストアブランドに絞って掘っていくんだろうな。

 

(パーマプレスト) PERMA-PREST スイングトップ ブルゾン ジャンパー コットンツイル 裏地チェック カジュアル 長袖 メンズM(レディースL) 09/ブラック

生地の名前で検索したら出てきた。

 

【名品ハンター】POLO SPORT ストレッチワークパンツ【USA製】

もうワンサイズ大きければ

f:id:supercar0102:20200822105414j:image
f:id:supercar0102:20200822105728j:image

90年代に生まれたラルフローレンの人気ライン「POLO SPORT」(ポロスポーツ)。名前から分かるように、スポーツからインスパイアされた服のラインである。

1993年にマイケル・タピアというデザイナーによって立ち上げられた。このマイケル・タピアは後に独立して「マイケル・タピア」「タピア・ロサンゼルス」など自分のブランドを創設する。この人が手がけたことによってPOLO SPORT はここまで人気が出たらしい。

それまでのラルフローレンが作っていたトラッドな服装とは打って変わって斬新かつハイテクなデザインから熱狂的な愛好者も多く、近年復刻されたりもした。ネクタイから始まった紳士服ブランドがスポーツファッションに参入するってかなり挑戦的だと思う。

当初は「富裕層向けのスポーツウェア」をコンセプトにしたラインだったが派手な配色からhiphop界隈で人気に。ラルフローレンは一貫して、エリートビジネスマンのような人たちに向けて服を含めたライフスタイルを提案しているけど、それが「成功」の象徴としてラッパーやギャングに愛されるっていうのが面白い。

古着でもたまにTシャツとかナイロンジャケットを見かける。90年代には最先端だったアイテムも今見ると一周して力が抜けていて、ほどよい懐かしさがあって良い。

アメリカ製のは中々見かけないので、これを古着屋で安く買えた時は嬉しかった。

ストレッチデニムみたいな化学繊維が入っていて伸びる素材。レングスは34インチとかなり長かったので裾を引きずらないように短めに直した。

ストレッチが入ったワークパンツと認識して穿いている。股上が深いのと、太ももから裾にかけてゆるくテーパードがかかった形。スポーツをコンセプトにしてるだけあって足回りはゆとりがあって動きやすい。

 

f:id:supercar0102:20200823115415j:image

ただウエストが29インチとマイサイズの一つ下なので尋常じゃなくキツい。これ穿いたままだとお腹圧迫しすぎてごはん食べられない。

伸びる素材だからギリギリ穿けてしまうけど物に釣られてサイズ違いを買うとこんなことになるのだ。

 

f:id:supercar0102:20200822105508j:image

このロゴの絶妙なダサさが好き。オリンピックがきっかけだったので、星条旗が取り入れられている。

 

f:id:supercar0102:20200822105426j:image

バックポケットにさりげなくブランド名が入っている。「POLO  SPORT」の代表的なロゴスウェットとかナイロンジャケットとかフリースなどは、ぱっと見で分かりやすいけど、こういう地味なボトムスを穿くのが「通」なので。

 

90年代の「POLO SPORT 」のフリースが欲しい。今度はちゃんと大きめを買うから。

 

(ポロ ラルフローレン) POLO Ralph Lauren メンズ 半袖 POLO SPORT ポロスポーツ Tシャツ トレーニングシャツ 0107234-M-WHITE [並行輸入品]

 

【名品ハンター】Champion REVERSE WEAVEをカットオフしてみた【USA製】

着なくなったスウェットでDIY

f:id:supercar0102:20200820095514j:image

これは高校生くらいの時に近所の古着屋で買ったもの。なにを思ってこんなイエローを買ったのだろうか。けっこう派手な色のスウェット。

古着買い始めるようになってまだ日が浅い時期だったので、古着といえばchampionのスウェットみたいな意識があったのかもしれない。普段着ている系統とかけ離れているのに、一緒に買いに行った友達に勧められて買ってしまった。

 

 

f:id:supercar0102:20200820093725j:image

スウェットの定番と言えばchampionのリバースウィーブ。縮みを防止するために生地を横向きに使用している。生地の方向についてはサイドリブと見比べると分かりやすい。リブが縦向きになっているのに対して、それ以外は横織りの生地になっている。また、サイドにリブを使用することで、縮みを防止すると同時に動きやすさを向上させている。

リーバイスジーンズといい、オリジナルでありながら今も愛されているアイテムには、他より先んじた革新的なアイデアが盛り込まれている。USAの合理主義マインドが反映されているデザインだと思う。

 


f:id:supercar0102:20200820093441j:image

赤字と青字が混在しているものはトリコタグと呼ばれている。90年代前半のものらしい。歴史あるブランドだとこういったタグの細かい変化で年代が特定できるのが面白い。貴重なUSA製。90年代だからそこまでレア物でもないけど、無地でサイズぴったりなのはうれしい。リバースウィーブはカレッジロゴも定番だけど文字が入ってるのはあまり着ない。


f:id:supercar0102:20200820093451j:image
長めの袖リブもリバースウィーブの特徴。それにしても見れば見るほど黄色い。Mサイズだけど自分には少し袖が短かった。Lでもいいかもしれない。

 

カットオフしてみた

古いからか、たくさん着たせいか首回りのリブがほつれてきた。古着のリバースウィーブを見ても、ボディより先にリブが消耗していってることが多い。袖と首回りは特に摩擦で負荷がかかるのだろう。

古着で買ったものを高校生の時からずっと着てるので十分に元はとったと思うが、そのまま捨てるのはもったいない。ネックのリブ以外のボディはまだ大丈夫そうなので、ほつれた首のリブをハサミで切り取っていく。俗に言う「カットオフ」である。

ほつれたスウェットやジーンズをカットオフする文化はアメリカ特有のものなのだろうか。裾がボロくなったジーンズを半ズボンにしたり国境を超えたもったいない精神を感じる。映画だと「大脱走」のスティーブ・マックイーン、「ビバリーヒルズコップ」のエディ・マーフィーがカットオフされたスウェットを着用してる。スウェットの場合は長袖を五分丈にカスタムすることが多い。

 

f:id:supercar0102:20200820100022j:image

ハサミで首リブの外側から一気に行きました。服にハサミを入れるのは人生で初体験で緊張したが、もう後には引けねえ。

 

f:id:supercar0102:20200820100034j:image

こんな感じになった。予想より首回りが広く開いてボートネックのようなざっくりした形に。一枚で着るにはセクシーなのでシャツの上に重ね着する用として、また頑張ってもらう。

 

 

f:id:supercar0102:20200820101558j:image

今まで長い間ありがとう首リブ。USA製のタグはせっかくなのでどこかにくっつけたいな。

 

[チャンピオン] スウェット シャツ 裏毛 ワンポイント 刺繍 ロゴ 定番 ベーシック C3-Q001 メンズ オートミール S